沖縄北部 今帰仁の民宿・ペンション プライベートビーチのようなロケーション|癒しのリゾート今帰仁

うつ症状や不眠でお悩みの方へ

うつの原因と対策

うつ病が発症するメカニズム

気分の落ち込み?それともうつ病?

うつ病は、脳の働きに何らかの問題が起きて発症すると考えられています。
単に気分が落ち込んだ状態なのか、それともうつ病であるのかは、具体的な数値などではっきりと示すことは難しいのですが、症状の程度や質、生活への支障の出方などで判断することができます。

そして、うつ病は心の症状だけではなく、「食事がおいしくない、お腹がすかない。食べようと思っても食事がすすまない…」「普段より早く目がさめるし、寝ようとしてもなかなか寝付けない…」といった体の症状があらわれることもあります。そのあらわれ方は、人によりさまざまです。

発症のきっかけはさまざま

その人自身の物事に対する考え方や生活環境、日常生活において発生したストレスなどが複雑にからみあって引き起こされると考えられています。遺伝との関連も研究されていますが、特定の遺伝子があれば必ず発症するというものでもありません。
つらい、悲しい出来事がきっかけになると考えられがちですが、うれしい、喜ばしい出来事がきっかけとなって、うつ病を発症することもあるのです。

うつ病が発症する要因

脳の中では、情報を伝達するためにさまざまな神経伝達物質が働いており、そのうちセロトニン、ノルアドレナリン、ドパミンは、モノアミンと総称されています。一説に、うつ病は、このモノアミンが減ることで引き起こされるとされています。
しかし、これだけでうつ病が発症するしくみをすべて説明できるわけではなく、ほかにもいくつかの説があります。

うつ病を発症するのはどんなとき?

ストレスが、うつ病発症のきっかけになることもあります

うつ病の発症には、ストレスが大きく関係しているといわれています。

「心が弱い人はストレスに弱いから、うつ病を発症するのではないか」と考える人がいるかもしれませんが、ストレスとはそもそも「心や体にかかる刺激や負荷」を指します。
つまり、人によっては思いもよらない出来事がストレスになるのです。

親しい人との死別や離婚、あるいは病気になるなどといった悲しい、つらい出来事がストレスとなるのは理解しやすいと思われます。しかし、それ以外にも昇進や結婚、こどもの独立など、どちらかというと明るい人生の転機でさえストレスとなることがあるのです。

うれしい、明るい出来事もストレスになりえます

悲しい、苦しい出来事だけでなく、喜ばしいことが原因となってうつ病を発症するのはどうしてでしょうか?

環境の変化に対する受け止め方は、人によってさまざまです。喜ばしい出来事であっても、それが急激な変化となって自分の生活に影響を及ぼす場合、自分なりに考え、対処することが難しく、それが大きなストレスとなってうつ病発症の要因となることもあるのです。

いまの社会は経済やシステムの構造がめまぐるしく変化し、日常生活のさまざまなシーンにおいて急激な変化や進歩に対応しないといけません。そうした社会背景が、うつ病の患者さんを急増させているのかもしれません。

うつ病と不眠症の密接な関係

うつ病の初期症状として、不眠は重要なサインです。睡眠時間が短いうえに眠りが浅く、覚醒しやすいというのが、典型的なうつ病による不眠の症状です。同時にうつ病の場合、倦怠感や身体的な愁訴が続くという特徴があります。こうしたサインを放置すれば、本格的なうつ病へと移行する危険性が増します。また、うつ病の症状が改善しても不眠が改善されなければ、うつ病が再発する恐れもあります。更に不眠症の人はそうでない人の2~3倍もうつ病になる可能性が高いと言われます。このように、うつ病と不眠症は切っても切れない関係にあるのです。

毎日の生活のなかに東洋アロマ®を取り入れていく

自宅でのセルフケアもサポート

うつ病はストレスや生活習慣も原因となるため、体質改善には日々の生活を見直すことも大切です。

癒しのリゾート今帰仁では睡眠時間や食べ物などのアドバイスも丁寧に行います。食べたものから人の体は作られますので、自分に合った食事を摂ることも大事です。

毎日、食事をしたり眠ったりするのと同じように東洋アロマ®を日々の生活の中に取り入れていく事でストレス排除の手助けになり、またご自身の不調の原因となっているストレスに気づきやすなってきます。

また、頻繁にサロンには通えない方、ご自宅で東洋アロマ®オイルを使ってケアして頂くことをオススメしております。ご自宅での塗り方・量・時間帯などについてもしっかりとご説明いたしますので、ご安心下さい。